開発ポリシー

Home > 開発ポリシー

 システム化+IT化とは、「システム化を土台」とした、「IT化」のコト

面倒なデータ入力、複数の帳票作成、
大量のデータの整理…

このようなルーチンワークや多様な業務に日々追われていませんか?
これらを「システム化」することで、あなたの負担を軽減できるかもしれません。
そもそもシステム化とは、いったいどういったものでしょう?

システム化+IT化

システム化とは

【システム化】とは、一言でいうと、「仕組みの構築」です。
この「仕組み」とは、「継続的に成果・結果が導かれる仕組み」を指します。
この説明だと、少し分かりづらいかもしれません。
「 継続的に成果 ・ 結果が導かれる仕組み 」 とは、別の言い方をすると、
『 その仕組みを導入さえすれば、 目標とする継続的に成果 / 結果が導かれる 』
ことを意味しています。
【システム化】を行うには、下記のような、徹底的な業務の分析が必要不可欠です。

煩雑な業務

「凄腕のプログラマーや、ベテランの職人でなければ結果を出せないというやり方は、【システム化】されていない 」と
捉えることができます。
どんな人でも、その「仕組み」を使うことで、「目標とする継続的に成果 / 結果が導かれる」
これが、【システム化】です。

IT化とは

【IT化】というと、ツールや書類といった業務を行う上での物事を「電子化」することだという人がいます。
それは、決して間違いではありません。
ですが、ただ「電子化」するだけではありません。
上で述べた、【システム化】という土台があってこそ、初めて成り立つものなのです。

書類を手書きが面倒だから、ワードにしてキーボード入力にした。
出退勤を、タイムカード方式にして手間を省いた。
社内のスケジュール管理を、WEBツールで行うようにした。

これらも、もちろん【IT化】です。ですが、私たちプロフェッショナルは、あなたの負担を軽くする
ため、【システム化】という土台利用し、包括的に見た【IT化】を行います。
社内の仕組みや、業務の流れを徹底的に分析し、【システム化】を行った後、それを【IT化】するのです。

システム化+IT化

【システム化】+【IT化】とは、仕事の量を減らさずに、効率を上げることに直結します。

システム化+IT化

システム化+IT化を通した、業務効率化

どうしたらこの人の仕事を効率化して心を軽くしてあげられるか…

このように考えなければ、システムを作る意味なんてありません。
あなたのお金を一円も無駄にせず、徹底的に効率化を図り、そしてできる限り安く作る。
面倒なデータ入力、複数の帳票作成、大量のデータの整理…。
これらの業務システム化とIT化を駆使し、効率化することでまずはあなたの「負担を減らす」ことをお約束します。
「負担を減らす」ということ、それは、あなたの心を軽くすること。
私たちゼストは、そう考えています。

あなたの仕事を効率化し、負担を減らし、心を軽くする。

これがゼストの開発理念です。

ゼストの開発事例はこちら

PAGE TOP